中小企業診断士二次試験 勉強中

中小企業診断士二次試験の勉強過程をつづります

平成25年度 事例3 第2問

設問1 「通信施設での調整事項」「設計変更」くらいかなーと思っていたら全然抜けていた。これは見落としですな。 通信施設の大きさ、設置条件、現地調査情報 規格化されたCADデータ 設問2 「使用方法の標準化」「ライブラリ化」といったことは私も書けてい…

平成25年度 事例3 第1問

設問1 競争優位性 項目としてはほぼ、合ってる。ビミョウに文字数とかアレだけど。 TACの回答は「省スペース化に対し、X社よりも」とあり「市場の」「競争優位性」ということについてより詳しい。 設問2 関東工場の役割、対応 私は「物流拠点として」の役割…

事例3単語リスト

文章に含めるとなんとなく点数が上がりそうな表現集。直前の見直しに。気休めに。 知名度、ブランド力 高コスト体質 全社的に、一貫生産体制、管理の一元化 柔軟な 管理項目を〜にする コスト意識、改善意識 IE(インダストリアルエンジニアリング) 高付加…

平成26年度 事例3 第4問

私の回答。 営業部設置 海外営業 TACの回答 海外への販路開拓。 著名な機器の構成部品であることを活用 受注業務経験者を営業担当者として育成 真ん中の「経営資源」に関すること以外は、方向性は合ってる。 どうも私は「部署を作る」って表現してそこで思考…

平成26年度 事例3 第3問

設問1 メリット これが全然ダメだった。私の回答。 売上の増加、X社との関係強化 業務委託事業による収益増 TACの回答。 3か月の発注情報に基づく手配→原材料費削減 受注情報処理、直接納品のノウハウ なるほど。3か月の発注情報に基づく手配をここにいれる…

平成26年度 事例3 第2問

私の回答。 更新計画を作成 経験メンテナンスから予測メンテナンスへの移行、作業の標準化 TACの回答。 加工精度や加工状況のデータに基づく予防保全、歩留まり向上 データに基づく更新計画 「加工精度や加工状況のデータに基づく」ってのはたしかに大切。用…

平成26年度 事例3 第1問

強み 「一貫生産体制」ということで大枠は合ってる。 弱み これも「取引先の一極集中」ということでなんとなくいいような気がする。